デュアルモニターの導入で、あなたの仕事が「1.5倍」早くなる。

デュアルモニターの様子仕事術・仕事の効率化

今回は「デュアルモニター」の紹介です。

あなたは「デュアルモニター」をご存じですか?
「デュアルモニター」とは、1台のパソコンに2台のモニターをつなげることです。

イメージとしてはこんな感じです。

この画像のように「デュアルモニター」は「株式のトレーダー」や「ゲームの製作者」が使うものというイメージをお持ちかもしれません。
でも「デュアルモニター」はパソコンを使うすべての人におすすめできる、便利なものなんですよ。

パソコンをお使いのあなたはぜひ、この記事を読んで「デュアルモニター」を導入してみてください!

「デュアルモニター」は作業効率を1.5倍にする

「デュアルモニター」は様々な研究で、その効果を検証されています。
マイクロソフトの研究では、作業効率が「1.5倍になる」という結論を出したとのこと。

作業効率が「1.5倍」ということは、作業にかかる時間が「3分の2」になるということです。つまり「8時間」かかっていた仕事が「5時間半」で終わるということ。
実際に導入してみるとわかりますが、とにかくパソコンが便利に使えるようになるんです。

もしあなたが、

  • 仕事でパソコンを使っている
  • 複数のファイルを同時に開いていることが多い
  • あるファイルの編集をしているとき、ネットで調べ物をすることが多い

のどれかに該当しているのなら「デュアルモニター」の導入をおすすめします。
作業効率の上昇がより強く実感できるはずです。

なぜ「デュアルモニター」は便利なのか

パソコンとお菓子

作業スペースが広い

「デュアルモニター」を使うと「作業スペース」が広くなります。
2台のモニターで「一つの大きなモニター」を作り上げる、というイメージです。

ピンとこない方は、パソコンの画面を「机」と考えてみると、その使いやすさがわかりやすいかもしれません。
何か作業をするとき、作業机は「1つ」より「2つ」の方が効率的ですよね。物であふれてごちゃごちゃしませんし、広ければ作業を楽に行えます。

それと同じことが「パソコンの画面」でも起こるのです。

画面切り替えの手間がない

あなたは複数のアプリケーションを同時に使うことがありますか?
きっと日常的に、いくつものアプリケーションを使いこなしているはずです。

  • ワードで文章を作っているときに、メールで送られてきたデータを開く
  • エクセルで資料を作っているときに、挿入したい画像ファイルを探す

こういったことは日常茶飯事のはず。

こんなとき、デスクトップにあるアイコンをダブルクリックするために、一度作成中のファイルを閉じてからメールを開いたり、画像ファイルを探したりしていませんか?
もしかすると、あなたはいちいちウィンドウを開いたり閉じたりするのにうんざりしているかもしれません。

でも「デュアルモニター」であれば、画面を切り替える手間は必要ありません。

デュアルモニターの利点①

いま作業しているファイルは開いたまま、あいているもう一つの画面にデスクトップを表示させておき「メールを開いたり」「画像ファイルを探したり」することが可能なのです。

2つのファイルを同時に開いて作業ができる

もちろん、あいているもう一つの画面の使い道は「ファイルを探す」だけにとどまりません。探しているファイルが見つかったら、ファイルを表示させ続ければいいのです。

それは例えば、

  • データが書かれたエクセルを見ながら、ワードにデータを打ち込んでいく
  • webページでエクセルの操作を調べながら、実際にエクセルを動かしてみる
  • YouTubeで参考の動画を眺めながら、自分の動画の編集ができる

といったことが可能だということです。

デュアルモニターの利点②

2つのファイルを同時に見ながら作業できるメリットは、本当に大きいです。

画面が1つでも、同じことは可能かもしれません。
しかし「デュアルモニター」であれば、ウィンドウの大きさなどを調整することなく「2つのファイル」が2つの画面で同時に展開することができます。

「Shift + Windowsキー+矢印キー」で、ウィンドウを簡単にもう一方のの画面に飛ばすこともできます
この便利さ、ぜひあなたにも味わってみて欲しいです。

「デュアルモニター」のはじめかた

「デュアルモニター」の導入の方法は、非常に簡単です。
あなたがすでに使っているパソコンに、もう1台モニターを買ってきてつなげる。そしてあとは設定をするだけです。

ただ、つなげるだけでは「デュアルモニター」として使うことができず「ミラーリング」という「2台のモニターに同じ画面を表示するモード」になってしまう可能性が高いことに注意をしましょう。

詳しい「モニターのつなげ方」や「設定の仕方」についてですが、説明しているサイトがいくつもあるので「デュアルモニター 設定 接続」などでweb検索をしてみてください。

例えば「株式会社アイ・オー・データ機器」のサイトにある「マルチディスプレイ活用のススメ 基本ルール編」がわかりやすいかと思います。

「デュアルモニター」のデメリット

これまでおすすめをしてきた「デュアルモニター」ですが、もちろん「デメリット」もあります。
デメリットとしては、

  • モニターを置く場所が必要になること
  • モニターを買う費用がかかること

「デュアルモニター」を導入するためには、もう1台モニターを置く場所が必要になります。
「モニターアーム」などを使ってスペースをとらない工夫はできますが、モニターは思っているより場所を取ります……。
あなたが「デュアルモニター」を導入する最大の障害になるかもしれません。

モニターを買う費用については、以前に比べてずいぶん「液晶モニター」は安く買えるようになりました。
それでも、新品なら1万円程度の費用がかかります。なので、おすすめなのは「リサイクルショップ」で中古の液晶モニターを探すこと。安ければ5,000円以下で十分使える商品が売っています。

「デュアルモニター」を試してみたいのなら、一度近所のリサイクルショップをのぞいてみてはいかがでしょうか。

「デュアルモニター」のまとめ

仕事終わりの女性

今回は「デュアルモニター」の紹介でした。

場所と費用が必要になる「デュアルモニター」ですが、そのデメリットを補って余りある「作業効率」の上昇というメリットがあります。

もしあなたが「画面の狭さ」や「ウィンドウの切り替え」に苦しめられていたのなら、ぜひ「デュアルモニター」を導入して「1.5倍の作業効率」を手に入れてください。

タイトルとURLをコピーしました