あなたの読書がラクになる。「Kindle for PC」

コーヒーとパソコン読書法・本の探し方

今回は「Kindle for PC」の紹介です。

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]
Amazon.co.jp: Kindle for PC (Windows) : ソフトウェア

あなたは「電子書籍」を利用していますか?
最近だとカフェや電車の中でも、スマホで電子書籍を読んでいる人がいますよね。

特に有名なのは「amazon」が提供している「Kindle本」
スマホアプリや「電子書籍リーダーKindle」で、外出先で気軽に本を読む。
それが「Kindle」の大きな魅力です。
ただ、この「Kindle」のいいところは、外出先での手軽な読書だけじゃないんです。

「kindle」をうまく使えば、自宅でもっとラクに読書ができる
そんな「Kindle」の使い方、「Kindle for PC」についてご紹介いたします。

「Kindle for PC」 ならパソコンで本が読める

「Kindle for PC」は Windowsのアプリケーションです。

「amazon」で無料でダウンロードすることができ、そしてスマホや「Kindle」と同じように電子書籍「Kindle本」を読むことができます。

つまり、これを導入するとパソコン上で電子書籍を読むことができる。

「……え、それだけ?」

と、思われるかもしれません。
でもその利点、意外と大きいんですよ。

「Kindle for PC」の3つの効果

本を読む人

読書がラクになる

読書が好きな人は、ついつい本を読みふけってしまうかと思います。
でも「長い時間の読書」って、疲れませんか?

  • 首が痛くなる
  • 肩がこる
  • 目が疲れる

などの経験がある人は多いんじゃないでしょうか。

紙の本やスマホ、電子書籍リーダーで読書をしているとき、あなたは常に「本を読むこと」をしていなければなりません。
つまり、

  • 手元をじっと見つめる
  • 本やスマホ、電子書籍リーダーを手に持つ
  • 指でページをめくる

などが必要になるんです。
だから長時間の読書は体が疲れる

「当たり前のことだ」と思われるかもしれませんが「Kindle for PC」を使いはじめると、これが当たり前じゃなくなるんです。

「Kindle for PC」 はパソコンで本が読める。
だから、読書がこう変わります。

  • 手元ではなくモニターを見る
  • 本やスマホ、電子書籍リーダーを手に持つ必要がない
  • キーボードやマウスホイールでページがめくれる

はじめはしっくりこないかもしれませんが、だんだんラクに読書ができていることに気づくはずです。

さらに「大きなモニター」「ワイヤレスマウス」「ワイヤレスキーボード」があるのなら、もっとラクになります。
また、以前の記事で紹介した「デュアルモニター」もおすすめです。

「デュアルモニター」については、以前の記事(デュアルモニターの導入で、あなたの仕事が「1.5倍」早くなる。)で紹介しています。

ベッドに寝転んでいても、ソファーに体をあずけていても、モニターさえ見えるのであれば本が読める。
テレビを見たり、ネットサーフィンをする感覚で読書ができる。

かなりラクだと思いませんか?

書き込みがラクにできる

本に書き込みをする。
本をよく読む人ならきっと、一度はおすすめされたことのある読書法だと思います。

  • 余白にメモを書く
  • 大事なところに「3色ボールペン」や「蛍光マーカー」で線を引く

などは、本への理解を深める方法として、よく聞く読書法です。

でも「本に書き込みをする」のには、少し抵抗がありませんか?

  • 本が汚れる
  • 書き込みのスペースが限られている
  • 家族に見られると恥ずかしい

例えばこんな「本に書き込みをしたいけどできない」理由があるはずです。
でも「Kindle for PC」なら「本への書き込み」が気軽にできる

「ハイライト」という名前の「蛍光マーカー機能」や、特定の文にメモを付け加える「メモ機能」を使うことができます。
使い方も簡単で、「Kindle for PC」上で文章を選択(ドラッグ)し、マウスで右クリックを押すだけ

この「ハイライト」や「メモ機能」は、スマホや電子書籍リーダーでも使うことは可能ですが、文章を選択(ドラッグ)するのが難しいですし、メモをする文字を打つのだって大変ですよね。

キーボードやマウスで操作できる「Kindle for PC」の方が圧倒的に使いやすいです。

本を読みながらラクに「ノートを作れる」「食事ができる」

メモ帳とペン

「読書がラクになる」ですでにご紹介したように「Kindle for PC」では本を手に持っている必要がありません。
つまり「両手が空いている」

だから、本を読みながらでも、ほかに作業ができるんです。
例えば、

  • いま読んでいる本の「まとめノート」を作ってみる
  • 食事をする
  • わからない言葉を辞書で調べる

ということが可能です。

「本を読む」ということに手を拘束されなくてもいいわけですから、本を読みながら行う作業も、圧倒的にラクになるんです。

「Kindle for PC」のはじめかた

「Kindle for PC」のはじめかたは、「パソコンを持っていて、すでにKindleを利用している人」なら簡単です。

「amazon」のサイトに行き「Kindle for PC」と検索してみてください。
そして検索結果に出てくる「Kindle for PC (Windows)」という無料のアプリケーションをカートに入れ、購入手続きをしてください

通常の商品を注文するように「レジに進む」「注文を確定する」などの操作を行えば 「Kindle for PC (Windows)」 が「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」に追加されます。

そのページに行けば 「Kindle for PC」がダウンロードできますよ。

「Kindle for PC」のまとめ

「Kindle for PC」のご紹介でした。

「スマホアプリ」や「電子書籍リーダーKindle」で利用されることが多い「Kindle本」 ですが、パソコンで読書をするのにもすごく便利なんです。

特に、読書が好きで、つい長時間本を読みふけってしまう人にはおすすめです。

「Kindle for PC」で、 よりラクな読書をはじめてみてください!

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]
Amazon.co.jp: Kindle for PC (Windows) : ソフトウェア
タイトルとURLをコピーしました